ホーム > 体操競技 > インフォメーション > 第13回アジアジュニア体操競技選手権大会

第13回アジアジュニア体操競技選手権大会

Category : インフォメーション  |  Date : 2014/04/14 02:55

種目別後半、優勝:宮川(女子ゆか)、3位:荒屋敷(平行棒)、籾山(平均台)
種目別前半、優勝:荒屋敷(男子ゆか)、宮川(女子跳馬)、2位:田中(あん馬)、岩佐(つり輪)、3位:加藤(ゆか、あん馬、つり輪)、土橋(女子跳馬)、杉原(段違い平行棒)
女子も団体優勝、個人総合/杉原愛子2位、宮川紗江3位
男子団体優勝、個人総合/加藤裕斗2位、荒屋敷響貴3位
2014アジアジュニア体操競技選手権結果pdf
【競技予定】
4月10日 男子団体・個人総合
4月11日 女子団体・個人総合
4月12日 男女種目別決勝前半
4月13日 男女種目別決勝後半
男子出場選手リストpdf 女子出場選手リストpdf
【場所】
ウズベキスタン・タシケント
【日本からの出場選手】
岩佐亮(鯖江体操スクール)/荒屋敷響貴(鯖江体操スクール)/加藤裕斗(埼玉栄高校)/田中樹(清風高校)/北村郁弥(池谷幸雄体操倶楽部)
杉原愛子(羽衣体操クラブ)、土橋ココ(レジックスポーツ)、宮川紗江(セインツ体操クラブ)、安井若菜(玉川体操クラブ)、籾山優佳(セインツ体操クラブ)
【大会概要】
大会への出場は男子が14-17歳(1997年1月1日~2000年12月31日生まれ)、女子が13-15歳(1999年1月1日~2001年12月31日生まれ)。団体は5-4-3制。個人総合は各国最大2名で順位づけ。
本大会は2014年8月16-28日南京開催のユースオリンピック競技大会の予選大会となっている。
ウズベキスタン体操協会サイト
アジア体操連合サイト