ホーム > 体操競技 > レポート > 第44回世界体操競技選手権大会 男女種目別決勝後半レポート

第44回世界体操競技選手権大会 男女種目別決勝後半レポート

Category : レポート  |  Date : 2013/10/12 22:09

大会を通して最高の観客数となったであろう今日、隣国オランダのゾンダーランドや、ルーマニア選手に対する声援で大いに盛り上がる中、日本選手も負けじと活躍を見せた

男子跳馬に出場した白井健三はユルチェンコ3回ひねりをきれいに決めたが残念ながらラインオーバーの減点があり、結果的に0.1及ばず悔しい4位となりメダルを逃した。しかし、Eスコアの高さは日本の体操の美しさを象徴していた。

男子平行棒の内村航平は、着地を見事に止めるなど、絶好調の演技を見せ、後続の優勝候補の選手たちが次々とミスを出す中順位を保ち、自身初の平行棒での金メダルを獲得した。同点で中国の林も金メダルを獲得した。

女子ゆか決勝に出場した村上茉愛は、タンブリングの高さは国内以上のものを出して、着地もしっかりとまとめてきたが、0.167及ばず悔しい4位となった。しかし、得点が出た後の大ブーイングは世界に認められるゆかの演技であったことを象徴しているといえよう。

男子鉄棒は、日本から2選手が残り、まず内村航平はアドラー1回ひねりで肘を曲げてしまったが、着地は見事に止まり、嬉しい銅メダルを獲得。金メダルを取ったオランダのゾンダーランドの後に出場した加藤凌平は、大声援の余韻の中演技をするという苦しい状況であったがミスのない演技を見せ、7位となった。

この大会ほど日本選手の層の厚さ、そして、大会全体としての日本への関心の高さを感じたことはない。男子は来年の世界選手権で、地元開催となる中国との争いになるが、この勢いは大きな影響を及ぼし、各国の脅威となるであろう。女子も村上のように脚力でも勝負できる選手がいることをアピールでき、注目を浴びるに十分であった。少しでもアメリカ、中国、ルーマニア、ロシアといった四強に近付く道が開けたのではないだろうか。

選手の活躍に敬意を表して、今大会の現地レポートを終わりたい。

総務委員会広報 藤井俊明

IMG_0487 IMG_0518

IMG_0036 IMG_1154 IMG_1299 IMG_1328 IMG_1540 IMG_1616 IMG_1648 IMG_9858 IMG_9873