ホーム > 体操競技 > レポート > 第67回全日本体操競技団体選手権大会 女子予選第1班

第67回全日本体操競技団体選手権大会 女子予選第1班

Category : レポート  |  Date : 2013/11/02 12:38

フジスポーツクラブはユルチェンコ1回ひねりで揃えてきてまずまずのスタートでトップに立った。日本体育大学はエースの鶴見虹子が片手軸大逆手1回半ひねりで落下したものの、チーム唯一の13点台をマーク。その他の選手は落下なく演技をまとめた。ゆかの国士舘大学はノーミスで好調な演技を見せた。平均台の武庫川女子大学は落下が二人出てしまい苦しいスタート。

 

平均台で池尻麻希の14.150、鶴見虹子の13.800といった高得点を出した日本体育大学が跳馬に回った国士舘大学を逆転してトップに立った。フジスポーツクラブは段違い平行棒で小さなミスが出て得点を伸ばせず。武庫川女子大学は芸術性の高い振付を見せたが、ミスが出てしまい得点を伸ばせず。

 

国士舘大学は段違い平行棒で落下、姿勢の大きな乱れが出る場面もあったが、今年のユニバーシアード代表の大瀧千波の好調な演技で持ちこたえ、日本体育大学を追い上げる。日本体育大学は寺尾唯、佐藤亜希穂と二人ラインオーバーがあったが、国士舘大学の追い上げをかわしトップをキープ。フジスポーツクラブは平均台でいい演技を見せたが、Dスコアで上の2チームに追いつくことが出来ず、武庫川女子大学は丸山珠代はユルチェンコ1回ひねりでこれまでの最高得点となる13.700を出すも他の選手の得点が伸びなかった。

 

最後に跳馬の演技となった日本体育大学は、質の高い実施を見せ、ユルチェンコ2回ひねりを見せた永井美津穂は最高得点の14.600を出し、その次の佐藤亜希穂も13.850の高得点をマーク。この種目で圧倒的な強さを出した。追い上げたい国士舘大学は13点台が杉村美奈の13.200ということで得点が伸びず、日本体育大学に4.550の差を開けられての2位。フジスポーツクラブは振付で独特の雰囲気をだし、その中でも際立った花島なつみは12.950をマーク。この班を終えて3位につけた。武庫川女子大学は何とか追い上げたいところであったが、段違い平行棒2人落下が出てしまい追い上げならず4位に終わった。

 

平均台、跳馬と、得意種目で得点を稼ぎ、また、落下が出てもベスト4の得点をしっかり揃えてきた日本体育大学がチームとしての強さを出した結果となった。団体4連覇に向けて、この後の班のチームに大きなプレッシャーを与えたに違いない。

総務委員会広報 藤井俊明