ホーム > 体操競技 > レポート > 豊田国際体操競技大会 女子 段違い平行棒

豊田国際体操競技大会 女子 段違い平行棒

Category : レポート  |  Date : 2013/12/14 17:23

松村泰葉 (JPN)

翻転倒立1回ひねり~ギンガー、単発でのイエガーを成功させ、1/2ひねり低棒移動、フット飛び出し~高棒移動もしっかりと決める。終末技に向け、車輪でしっかりと加速し、抱え込み2回宙返り2回ひねり(ルドルフ)に挑むが惜しくも前に転倒。地元愛知での開催とあって、大きな声援。 D5.5 E6.8 12.300

 

HAN, So Re (KOR)

マロニー+パク宙返りの組み合わせをスムーズに決めるが、次のマロニー1/2ひねりで高棒をキャッチしたあと片手が外れてしまう。なんとか落下せずに握り直し、足裏支持回転1/2ひねり~ホルキナ飛び越しを落下なくこなす。足をバーにぶつけたように見えたが演技は続行。終末技伸身2回宙返りで後ろ2歩。D5.7 E6.85 12.550

 

MOORS, Victria (CAN)

シュタルダートカチェフ~パクを雄大に決める。高さのあるマロニー1/2ひねり、シュタルダー1/2~イエガーもしっかりと決める。流れの中でかつ、高さ、迫力のある演技。ところどころ振り上げ倒立の角度の甘さが気になるところ。 D5.7 E8.1  13.800

 

井上和佳奈 (JPN)

フット倒立1回ひねり~シュタルダー飛び出し高棒移動を力強く決め、高さのあるイエガー、1/2ひねり低棒移動~フット飛び出し、終末技伸身ダブルまで流れるようで、かつ、丁寧な演技。今年一番きれいにこなせた実施だったように思う。 D5.1 E8.400 13.500

 

PHAN Thi, Ha Thanh (VIE)

1/2ひねり低棒移動が角度が足りず、おそらく難度格下げ。そのあとリズムを崩しながら行なったけ上がり振り上げ倒立で前に落下。フット飛び出し高棒移動、車輪1回ひねり、終末技は前宙ダブル。失敗が悔やまれる。

D4.0 E6.20 10.200

 

DO, Thi van Anh (VIE)

車輪1回ひねり、イエガーではキャッチした瞬間に少しバランスを崩すが、持ちこたえる。パク宙返り、フット飛び出し高棒移動、終末技は抱え込みダブル。後ろへ大きく1歩。 D4.2 E7.4 11.600

 

HEO, Seon Mi (KOR)

フット倒立1回ひねりで少し流れる。マロニー~パクの組み合わせを決める。マロニー1/2ひねり、ホルキナ飛び越しなど、なかなか見ない構成。終末技伸身ダブルの着地を止める。 D5.7 E7.9 13.600

 

野田咲くら (JPN)

車輪1回ひねり、イエガー、1/2ひねり低棒移動~シュタルダー飛び出し高棒移動の組み合わせをしっかりと決める。今年ずっと行なってきたトカチェフを抜き、終末技は1/2ひねり前宙ダブルで大きく前へ1歩。数箇所の振り上げ倒立の角度の甘さがもったいない。 D5.0 E8.0 13.000

 

 

段違い平行棒結果

1. MOORS, Victria (CAN) 13.800

2. HEO, Seon Mi (KOR) 13.600

3. 井上和佳奈 (JPN) 13.500

 

 

 

総務広報 明名亜希子