ホーム > 体操競技 > レポート > 2013国際ジュニア種目別決勝 女子前半

2013国際ジュニア種目別決勝 女子前半

Category : レポート  |  Date : 2013/09/23 15:44

2013intljrs-top3

■跳馬

Yan WANG(CHN)

伸身カサマツ1回ひねり

着地で小さく数歩横にぶれてしまうが、高さも充分、伸身姿勢もきれいにまとめる。小柄ながらこの大技に挑戦してきたのは素晴らしい。D6.0 E8.925 14.925

宮川紗江(JPN)

ユルチェンコ1回ひねり

会場から「お~」と声があがるほど高さのある、フワっと浮くような雄大な跳躍。伸身姿勢も非常に美しい。D5.0  E9.3  14.20(ND0.1)

Aleeza YU(CAN)

ユルチェンコ1回半ひねり

残念ながら回転不足によりしりもちをついてしまうが、とても高さのある雄大な跳躍。着地がもったいない。D5.3 E7.9 13.20

杉原愛子(JPN)

ユルチェンコ1回半ひねり

全日本選手権、NHK杯の時より半分ひねりを加えてくる。高さ、回転が足りず、残念ながらしりもち。少しひねりのタイミングが早過ぎたように見えた。D5.3 E7.775 12.775(ND0.3)

Lauren HERNANDEZ(USA)

ユルチェンコ2回ひねり

着地までしっかりまとめてくるが、突き放し直後と後半、着地前に少し腰の角度が見られる。空中での姿勢の減点が多いと思われる。D5.8 E8.825 14.625

Kim JANAS(GER)

転回伸身前宙1/2ひねり

高さもあり、きれいな伸身姿勢を保ったままでのすばらしい実施。前方系での伸身姿勢を保った跳躍は非常に難しいので、前半の前方転回の部分での技術が良いと思われる。D5.4 E9.025 14.425

Bailie KEY(USA)

ユルチェンコ2回ひねり

会場から思わず「うわぁ」と声が漏れるような非常に高さのある雄大な実施。ひねり時の伸身姿勢もすばらしい。D5.8 E9.3 15.10

Maria KHARENKOVA(RUS)

ユルチェンコ1回ひねり

高さのある実施。伸身姿勢も非常に美しく、「教科書通り」の正確な実施で着地をピタリと止める。

D5.0 E9.2 14.20

1. Bailie KEY (USA) 15.100

2. Yan WANG (CHN) 14.925

3. Lauren HERNANDEZ (USA) 14.625

■段違い平行棒

Andreea IRIDON(ROU)

開脚シュタルダー1回ひねり+ギンガー、シートトカチェフ、としっかりと決め、1/2ふりとび下バー移動~のシュタルダー倒立、足裏支持回転倒立などの回転系をきちんと倒立にはめ、終末技抱え込みムーンサルトで小さく前に一歩。小柄ながらスイングに大きさやスピードをもった、すばらしい実施。D5.7  E 8.55 14.25

Maria BONDAREVA(RUS)

閉脚のシュタルダー倒立を美しい倒立姿勢におさめ、足裏支持回転倒立1回ひねりでほんの少し流れてしまうが、非常に高さと切り返しのあるトカチェフを力強く決める。バク宙返りで低棒に移動し、シュタルダー系の技を正確にきちんとおさめ、終末技抱え込みムーンサルトで前へ一歩。D5.5 E8.35 13.85

Georgia-Mae FENTON(GBR)

入りの足裏支持回転からのひねりが半分でとまってしまい、急遽、後方車輪1/2ひねりで切り抜け、もう一度車輪を挟み、トカチェフへつなげる。非常に雄大なトカチェフ。1/2ひねり低棒移動からフット飛び出し高棒移動、終末技抱え込みムーンサルトで小さく一歩。D4.8 E8.225 13.025

Bailie KEY(USA)

閉脚シュタルダー倒立、足裏支持回転倒立1/2ひねり~イエガー、1/2ひねり低棒移動~シュタルダー飛び出し高棒移動、シュタルダー倒立1回ひねりが少し流れるが、そのまま終末技抱え込みムーンサルトへつなげ、加点をとる。シンプルだが、正確な実施。D5.5 E8.855 14.35

Pauline TRATZ(GER)

非常に背の高い選手。足裏支持回転倒立1回ひねり、イエガーを決めるが、直後の振り上げ倒立が上がらず、なんとかシュタルダー倒立からパク宙返りにつなげるが、直後の振り上げ倒立でまた上がりきらず、無理やりマロニーを実施する形になり、停滞。高棒支持からやり直すが、前宙ダブルでしりもち。 D5.3 E6.3 11.60

Maria KHARENKOVA(RUS)

非常に体線の美しい選手。閉脚シュタルダーや足裏支持回転系などの倒立姿勢はお手本のよう。大きさのあるマロニー+パク宙返りの組み合わせ、イエガー、終末技屈身ダブルで少しバーへ近付き後ろへ1歩。D5.5 E8.025 13.525

Catherine LYONS(GBR)

長身を生かした非常に大きく迫力のあるスイングを利用し、伸身のギンガーを雄大に決める。1/2ひねり低棒移動~フット飛び出し高棒移動、終末技後方車輪~1/2ひねり前宙ダブルで後ろ一歩。とても迫力のある演技。 D4.9 E8.35 13.25

Yan WANG(CHN)

ほぼ全ての振り上げ倒立の角度が甘く入るが、大逆手車輪のスイングの強さはさすが。大逆手車輪1回ひねり+イエガー(D+D)で加点をとり、加速車輪でしっかりとスピードをつけ終末技伸身ダブルへ。まだ少し荒削りだが、終始スピード感のある演技。

D5.3 E8.15 13.425

1. Bailie KEY (USA) 14.350

2. Andreea IRIDON (ROU) 14.250

3. Maria BONDAREVA (RUS) 13.850