ホーム > 新体操 > インフォメーション > 第13回アジアジュニア新体操選手権大会

第13回アジアジュニア新体操選手権大会

Category : インフォメーション  |  Date : 2014/02/24 22:51

種目別個人、立澤がリボンで優勝、クラブで3位。種目別団体クラブで銀メダル。フープは4位。

個人決勝、鈴木7位、立澤10位

日本団体4位。個人国別対抗3位、個人総合は立澤孝菜6位、鈴木歩佳8位、五十嵐遥菜12位、植松桃加(1手具)。

★大会レポート④(2014.02.26)

★大会レポート③(2014.02.26)

★大会レポート②(2014.02.24)

★大会レポート①(2014.02.23)

2014アジアジュニア新体操結果pdf

【期日】
2月21日 – 予選(CI):個人および団体/開会式
2月22日 – 予選(CI):個人および団体
2月23日 – 個人総合決勝
2月24日 – 個人種目別(フープ、ボール、クラブ、リボン)/団体決勝/閉会式
【場所】マレーシア・クアラルンプール
【日本代表選手】
■個人
鈴木歩佳(NPOぎふ新体操クラブ)、植松桃加(エンジェルRGカガワ日中)、立澤孝菜(イオン)、五十嵐遥菜(NOVA新体操クラブ)
■団体
藤井雅(ピュアRG)、及川愛莉(グレース)、菊武京香(東京ジュニア新体操クラブ)、石村百寧(秋川新体操クラブ)、福富梨加(ASKA RG)、矢島里紗(Ribbon新体操クラブ)
■コーチ
石﨑朔子、山本里佳、天野晴代、村田由香里、臼井千奈美、比企野智子、横山眞理子、波多野恵子

日本選手団2

【備考】
競技形式:国別対抗(個人各種目-フープ/ボール/クラブ/リボン-3名演技-計12演技中10演技合計得点)。団体は5名(フープ/クラブ)
ユースオリンピックのアジア予選