ホーム > トランポリン > 第30回世界トランポリン選手権 現地レポート – 1日目 (男女個人予選)

第30回世界トランポリン選手権 現地レポート – 1日目 (男女個人予選)

Category : トランポリン  |  Date : 2014/11/08 10:14

個人競技 セミファイナル進出!

伊藤正樹  上山容弘  田崎勝史
中野蘭菜  宇山芽紅  山田紗菜

 

 

 

大会情報(結果)ページへ 

グループ3

女子試技順1番

中野蘭菜 (星稜クラブ)

日本人トップバッター。第1自由演技。1本目、フルインバラニーアウト (T) からハーフインルディーアウト (T) で少し後ろに移動。バラニー (S) からタックバックをそのままの位置で実施し、バラニー (T) でセンターに戻す。パイクバックが少し前方に移動したが、バラニー (P) ~ レイアウトバック ~ 後方3/4 (S) ~ コディーをジャンピングゾーン内で行い、演技点 27.0 をマーク。

第2自由演技。フルインバラニーアウト (P) ~ ハーフインハーフアウト (T) ~ ルディーアウト (P) ~ ハーフインハーフアウト (P) ~ ルディーアウト (T) はほぼジャンピングゾーン内で納めた。ダブルバック (P) は少し後ろに移動してジャンピングゾーンを出てしまったが、バラニーアウト (P) ~ ダブルバック (T) ~ バラニー (T) ~ フルインフルアウト (S) をきっちりゾーン内で実施。難度点13.1で演技点24.0だった。

演技 難度点 演技点 跳躍得点 合計
第1演技 2.7 27.0 16.135 45.835
第2演技 13.1 24.0 15.705 52.805
合計 98.635

グループ4

男子試技順 1番

加藤 尭彦 (大泉スワロー体育クラブ)

第1自由演技。前方3/4 ~ バラニーボールアウト (T) ~ バラニー (S) ~ レイアウトバックと、きっちりセンターで美しく実施。バラニー (T) で少し乱れるも、パイクバック ~ バラニー (P) で大きな開きの姿勢を見せた。その後、タックバック ~ バラニーアウト (T) ~ フルインフルアウト (P) の位置が少し悪かったが、しっかり最後まで演技できた。

第2自由演技。予備ジャンプが少し乱れる。ハーフアウトトリフィス (P) の入りの値が少し後ろで、後方に引いてしまった。何とかハーフインハーフアウトトリフィス (T) で持ち直そうとしたが、次の技 ハーフアウトトリフィス (T) で大きく前方に移動し、場外に出て中断した。

演技 難度点 演技点 跳躍得点 合計
第1演技 2.7 27.0 18.180 47.880
第2演技 3.8 4.2 3.550 11.550
合計 59.430

グループ 5

女子試技順6番

宇山芽紅 (金沢学院大学クラブ)

第1自由演技。少し引き気味で1本目のフルインバラニーアウト (P) で入り、ハーフインルディー (T) でジャンピングゾーンまで戻す。バラニー (T) ~ レイアウトバック ~ バラニー (S) ~ バラニー (P) と無難にこなしたが、タックバックで少し前に移動し、後方3/4 ~ コディーで演技を終えた。

第2自由演技。バラニーアウト (T) ~ ダブルバック (T) ~ ルディーアウト (P) と高さをキープしたまま中盤へ。少し高さが落ちながらも、ハーフインハーフアウト (P) ~ ルディーアウト (T) ~ ハーフインハーフアウト (T) ~ フルインバラニーアウト (T) ~ ダブルバック (P) ~ バラニーアウト (P) ~ フルインフルアウト (T) と安定した演技を見せた。

演技 難度点 演技点 跳躍得点 合計
第1演技 2.9 25.2 16.090 44.190
第2演技 12.7 23.7 15.640 52.040
合計 96.230

女子試技順7番

山田紗菜 (日本体育大学クラブ)

第1自由演技。1本目の後方3/4宙返りが少し後ろに流れたが、落ち着いてコディーでジャンピングゾーン内に戻す。バラニー (S) ~ レイアウトバック ~ バラニー (P) ~ パイクバック ~ バラニー (T) ~ タックバック と少々トラベルしながらも落ち着いて演技し、フルインバラニー (P) ~ フルインフルアウト (T) で演技を終えた。

第2自由演技。ハーフアウトトリフィス (P) が少し回転オーバーで体が振られてしまうもダブルバック (T) へ。ダブルバックがジャンピングゾーン外へ出るも、その後はバラニー (S) ~ レイアウトバック ~ バラニーアウト (P) ~ ハーフインハーフアウト (T) と持ち直し、フルインバラニーアウト (T) ~ ダブルバック (P) ~ バラニーアウト (T) ~ フルインフルアウト (S) で演技を終えた。

演技 難度点 演技点 跳躍得点 合計
第1演技 2.9 25.8 16.150 44.850
第2演技 11.9 22.2 15.550 49.650
合計 94.500

男子試技順9番

田崎勝史 (日本体育大学クラブ)

第1自由演技。予備ジャンプが合わず一旦止まって、ジャンプを仕切り直す。後方3/4宙返り ~ コディーをセンターで行い、その後バラニー (S) ~ レイアウトバック ~ バラニー (T) ~ パイクバック ~ バラニー (P) ~ タックバック まで十分の高さをキープ、少し引きながらもバラニーアウト (P) ~ 2回宙返り3回捻りを決めた。

第2自由演技。予備ジャンプが合わず、マットギリギリまで移動し一旦止まる。予備ジャンプを仕切り直しし、ハーフアウトトリフィス (P) に入り、ハーフインハーフアウトで少し後ろに倒れてジャンピングゾーン外へ出るも、ハーフアウトトリフィス (T) でゾーン内に戻す。その後、ハーフインハーフアウト (P) ~ フルインルディーアウト (S) ~ ハールフィンルディーアウト (P) ~ フルインバラニー (P) ~ ハーフインハーフアウト (T) ~ ルディーアウト (P) ~ フルインダブル (S) までしっかり演技ができた。

演技 難度点 演技点 跳躍得点 合計
第1演技 3.1 27.9 18.030 49.030
第2演技 16.2 22.8 17.000 56.000
合計 105.030

グループ6

男子試技順8番

伊藤正樹 (株式会社東栄住宅)

第1自由演技。後方3/4宙返りで少し後ろに移動したが、コディーでセンター方向に戻し、その後バラニー (S) ~ レイアウトバック ~ バラニー (T) ~ パイクバックと高さをキープし美しい演技が続く。バラニー (P) ~ タックバック ~ フルインバラニーアウト (P) と安定した演技を行い、最終技のダブルインダブルが前方に抜けてしまったが、全体としてしっかりと演技できた。

第2自由演技。少し予備ジャンプが乱れるが、1本目のルーディーアウトトリフィス (P) に入る。次のハーフインハーフアウトトリフィス (P) を後ろに移動、さらにハーフアウトトリフィス (P) が大きく前方に移動しジャンピングゾーン外へ。一瞬ひやりとしたが、ハーフインハーフアウト (P) で体制を立て直し、ルディーアウト (P) ~ ハーフインルディーアウト (P) ~ ハーフアウト (P) ~ フルインフルアウト (P) ~ フルインルディーアウト (S) ~ フルインダブルアウト (S) で後方に移動したが何とか演技をまとめた。

演技 難度点 演技点 跳躍得点 合計
第1演技 3.5 27.9 18.475 49.875
第2演技 17.2 23.1 17.330 57.630
合計 107.505

グループ7

女子試技順3番

岸彩乃 (金沢学院大学クラブ)

第1自由演技。後方3/4宙返り ~ コディー ~ レイアウトバック ~ バラニー (P) ~ パイクバックと非常に安定した演技を見せる。バラニー (T) ~ タックバック ~ フルインバラニーアウト (P) ~ ハーフインルディーアウト (T) を決めた。

第2自由演技。1本目のハーフアウトトリフィス (P) の終わりがきっちり作れず、パイクダウンした状態で着床し、ダブルバック (T) がきちんとベッドを捉えられず前方に大きく抜けてしまい中断となってしまった。

演技 難度点 演技点 跳躍得点 合計
第1演技 2.9 26.4 16.485 45.785
第2演技 2.0 2.1 1.680 5.780
合計 51.565

グループ8

試技順11番

上山容弘 (モンパルテ)

第1自由演技。1種目目フルインフルアウト (S) ~ ハーフインハーフアウト (T) で少し前方に移動。その後、バラニーアウト (T) を大きく引いてジャンピングゾーン外へ。体制を崩しながらも何とかレイアウトバックをジャンピングゾーンに戻し、バラニー (S) ~ タックバック ~ バラニー (T) ~ バラニーアウト (P) ~ ダブルインダブル (S) をセンターで決めた。

第2自由演技。ハーフアウトトリフィス (P) ~ ハーフインハーフアウトトリフィス (T) ~ ハーフアウトトリフィス (T) ~ フルインフルアウト (S) をジャンピングゾーン内で決める。その後、フルインルディーアウト (S) で少し前方へ移動するも、安定したハーフインハーフアウト (P) ~ ルディーアウト (P) ~ ハーフインルディーアウト (P) ~ フルインフルアウト (P) ~ フルインダブルアウト (S) を美しく決めて演技を終えた。

演技 難度点 演技点 跳躍得点 合計
第1演技 3.5 26.7 17.725 47.925
第2演技 16.6 24.9 17.435 58.935
合計 106.860

11月8日(男子シンクロ予選)・(男子タンブリング)・(女子個人準決勝)・(男子シンクロ決勝