ホーム > トランポリン > 第30回世界トランポリン選手権 現地レポート – 2日目 (女子個人セミファイナル)

第30回世界トランポリン選手権 現地レポート – 2日目 (女子個人セミファイナル)

Category : トランポリン  |  Date : 2014/11/09 08:53

女子個人セミファイナル

中野蘭菜 (星稜クラブ)
10位で惜しくも決勝進出を逃す!

 

グループ1
試技順2番

山田紗菜 (日本体育大学クラブ)

ハーフアウトトリフィス (P) が少しつまり、ダブルバック (T) が後方に移動しジャンピングゾーン外へ。ルディーアウト (P) ~ ハーフインハーフアウト (P) で体制を立て直したものの、バラニーアウト (P) が回転不足になり少し苦しい状態に。レイアウトバックで再度後方に流れたが、フルインバラニーアウト (T) ~ ダブルバック (P) で体制を立て直した。次のバラニーアウト (T) が引いてジャンピングゾーン外へ出たが、何とか最終技のフルインフルアウト (S) まで何とか通した

試技順7番

宇山芽紅 (金沢学院大学クラブ)

全体的にジャンピングゾーン外での演技となってしまった。バラニーアウト (T) ~ ダブルバック (T)で後ろに移動し、ルディーアウト (P) ~ ハーフインハーフアウト (P) ~ ルディーアウト (T) ~ ハーフインハーフアウト (T) でトランポリンの端から抜け出せなかったが、フルインバラニーアウト (T) ~ ダブルバック (P) で体制を立て直した。バラニーアウト (P) で少し引いてしまうものの、最終技のフルインフルアウト (T) までしっかり演技を行った。

試技順12番
中野蘭菜 (星稜クラブ)

フルインバラニーアウト (P) ~ ハーフインハーフアウト (T) ~ ルディーアウト (P) ~ ハーフインハーフアウト (P) まではジャンピングゾーン内で安定した演技を行った。次のルーディーアウト (T) で前方に移動、ダブルバック (P) ではベッドの端まで移動したが、バラニーアウト (P) でセンターに戻し、ダブルバック (T) ~ バラニーアウト (T) ~ フルインフルアウト (S) をきっちり決めて、52.105の10位に終わり決勝進出を逃した。