「一般体操指導員」資格とは

 各地域ではたくさんのスポーツ・グループが存在しています。その中でも子供から高齢者まで運動技術の向上を目的としない「健康志向の体操」(以下、一般体操)は多くの愛好者を有しています。それに伴い、指導者への期待も大きくなっています。多くの運動知識と経験の豊富な指導者はこれから益々必要になってきます。

 (公財)日本体操協会では、健康を目的とした一般体操の指導者を目指す人々への資格制度を設けています。このカリキュラムは、(公財)日本体育協会が制定する公認体操指導員資格の専門科目と同内容になっています。

 受講資格は、一般体操の指導者を目指している20歳以上の成人。対象としては、体育関係者、学校教員、栄養士、看護師、柔道整復師、介護師、等さまざまな現場で体操の指導を担当されている方々です。また、指導者を目指す学生も対象となります。

 資格の取得を希望される方は、「一般体操指導員養成講習会」を受講してください。

 一般体操指導員 規定

※日本体操祭に出場を希望するチームは、本資格を保有する指導者が1名以上いることが条件となっております